わたしの内出血

頼むから静かにしてくれ

勤めるリアル

 

 

就活が嫌すぎて、色々ぐだぐだして何社も落とされて

精神が崩壊すると思いきやそうでもなかった一年前を思い出す。

 

結構その時のブログとかよく見返すのが好きで、

就活を終えた一年前を振り返りながら自己分析をしている。

 

 

一年前の私が色々とうまくいかなかった理由は、明確に存在する。

何度も何度も考えたし、何度も言及しているけれど、

生きている意味がわからなかったからだ。

自分が幸せになれる自信がなかったからだ。

端的に、言うと人生をなめていた。

 

 

「働く」ことは生きることだ。

働くことでお給料をもらう。

人は生きるために、ありとあらゆるサービスに、お金という対価を払う。

まずそれを理解していなかった。

 

一年前の私は、そもそも生きる意味がわからなかったので

お金をもらう理由もなかった。

 

「生きる」上でのやりがいを仕事に求めようとした。

趣味に関連する仕事を探してみた。

しかし、やはりそれ以上に生きる意味がわからなかった。

好きなものの為に、先行き不透明な自分の未来と、自分の生理を犠牲にすることができなかった。

私の中の「好き」はその程度のものなのか、ととても情けなくなった。

 

つまり、私は「周りが就活をしているから」という流れに身をまかせつつも「やりたいことはない」「そもそも生きていたくない」という泥沼にはまっていたのだ。

 

生きていたくない、生きている意味がない

そう考えるのは自分が幸せになれる自信がなかったからだ。

そもそも就活をする上で自分にとって何が幸せなのか、見極めることができていなかった。

 

「やりがい」が幸せなら、辛くても夢のある仕事をするだろうし

「安定」が幸せなら、公務員を選ぶ

 

そう言った風に、できなかった。

仕事をある程度神格化していた、そもそも、自分が働くということを、自分のこととして落とし込むことができていなかった。

 

 

就活が一巡した5月ごろにゼミの教授からアカハラにあったり

暇つぶしでやってたTinder男に振り回されたり

自分が気がつけば就活の持ち駒がほぼゼロになっていたことに気がつく。

 

そういったことをされて、起きて、起こしてしまって

とても自分が傷ついていたことに気がついた。

 

おかしい、何かがおかしい。

自分の心にヒビが入る音が聞こえた。

 

すごく、頑張ってもがいている、確かに就活は真面目にやっていなかったけれど

どう考えても、自分がこんな辛い思いをする世界はおかしい。

そういう風に考えた。

 

こうやって生きている事が辛くて死んでしまいたくて、

でも立派に傷つくということは、なにか生命の、自分の中での最大限の抵抗のように感じられた。

そんな自分をもう少し信じてあげてもいいんじゃないか、そう思うようになった。

 

 

6月になり、もう一度自分の生きる意味を、生きがいを精査してみた。

それは、全てのしがらみから逃れて、とりわけ、実家から離れて。

家族や血縁の呪縛から逃れて、自立すること、自分の幸せを律する事だった。

その為に、一人暮らしが必要だと考えるようになった。

 

お金は必要ないといったが、やはりひとり暮らしをするには金がかかる。

実家を離れるということは、金銭的にもかなりきつい。

だから住宅保証がどこよりも優れている会社を選んだ。

 

職種に関しては、私は元々仕事とプライベートを分けたい人間だから、仕事だったらなんでも仕事と割り切れると思っていたので、辛い営業職もそんなに苦ではない。(いまのところね)

 

全て自分の手の届く範囲で色々と頑張ってみる。

何も他人に口出されたくない、テリトリーを作る、何事も。

それこそが自分の幸せだ。

 

就活をしている時、人は大抵「これこそが幸せで、これこそが自分の天職だ」と信じて疑わない。

それがミスマッチしてしまう人はたくさんいるだろう。

憧れていたからこそ、ギャップに心を痛めてしまう。

(私は全く今の業界に興味がなかったからそういうのが一切ないけど)

 

それは本人のせいでも、会社のせいでもあったりなかったりするのだろうけれど、私は多分適当に選んだ会社で、自分をすり減らしていく行為をしていたら今頃多分生きていないと思う。

 

傷つく前に選んでいた会社は、正直今の自分の理想や幸せとはかけ離れている。

結局自分に合う会社を、自分が歪めて「合う会社」にしていただけなのだと思う。

 

だから、一年前、たくさん傷ついていて良かったなって思っている。

今は胸を張って、今とても幸せだと言い切れる。

 

 

open.spotify.com

 

 

Move on Up

 

特に、別に誰かというわけでなく、誰かに会いたくなる夜がある、

でもそれは明確として男だ。

私は基本的に男は嫌いだ。

一体誰なんだろうか、ゆったりとした重みを持つ

 

ミュージカル映画を見ていても、好きな音楽を聴いていても

何かゆったりとした目眩のような瞬間がある。

何かが永遠に、少しずつ損なわれていく瞬間、涙を流してしまうのはなぜだろうか。

大学時代、ゆったりとした目眩がずっと続いていたと思うと絶望でしかない。

 

 

少し前のことを思い出していた。

少し怖くなった話。

 

昔のバイト先の社員に呼び出されて、話をした。

男の人ね。

そんなに飲むつもりはなかったんだけど、半分飲ませられたと言っても過言ではない。

ハイペースでハイボールを飲んでいて、かなり込み入った話をした。

 

最初は普通のバイトの話だったんだけど、だんだん人生の話になった。

上司は私にすごく色々聞いてきた。

なかなか人には聞かないような話。

 

恋愛経験はまだしも、家族の話、鬱の話、人生がうまくいかなかった話。

 

私もなるべく自分ばかりが話すのではなくて色々聞いてみた、

宗教の話、人生計画の話

 

色々と話してしまった。

その上司とは、そもそもそんなに仲が良かったわけじゃない。

バイトを辞めたからこそ腹を割って話せるのだが、

それにしても、普段自分から友達に話す話でなければ、友達に聞かれる話でもない。

 

驚いたことに、自分と上司の価値観はすごく似ていた。

家族を信頼できないから、自分の理想の家族計画がないし、自信もない。

共通点がたくさんあった。

 

よっぱらっていたから。

そう理由をつけるのは簡単だった。

次の日死ぬほど後悔をした。

すごくすごく、自己嫌悪に陥った。

 

なんだか自分のなかの、奥の大切な部分を、

自分の言葉でありとあらゆることまで話してしまったから。

話すことができたから、言語化できたから。すごく怖かった。

 

何よりも怖いのは、自己開示は人との距離感を縮めるということだ。

共通点を見つければ見つけるほど、好意的になるのが普通だろう。

 

私は残念ながらそうではない。

ある程度の理解は必要だろうが、あまり知りすぎても良くないことがある。

それは、自分を、自分として保つために、どこにいてもなにをしていても

心の中はプライベートでいたいからなのかもしれない。

 

私は過去の恋愛で失敗をした、あまりにも自分の弱みを恋人に見せすぎたこと

過剰に恋人を信頼し、依存し、破滅してしまったこと。

 

だから私は、なるべく自分の大切な話をしたくない。

したいと思った相手は、なかなか現れない。

 

今のセフレとはそういう話は一切しないし、しないようにしている。

相手の年齢も名字も(色々あって知ってしまったのを後悔している)住所も

名前すら勝手にあだ名をつけて読んでいる。

 

そう言ったことは、話さないほうがいい。

体だけの関係だから。

でも、たまに、全て吐き出してしまいたくなる。

全て包み込んでくれればいいのにって思う、そういう時に執着が始まるとの恐怖を抱きながらも。

 

 

バイト先の上司から最近ちょこちょこラインがくる。

私は怖いからあまり返したくない。

これ以上私の弱い部分に触れないで欲しい。

怖い、

すごく、すごくすごく、恥ずかしいから、見ないで欲しい。

open.spotify.com

 

さわやか会社員

 

 

最近の気づき、私って意外にポジティブやんけ。

いや、マジでびっくりなんですけどね

 

社会人になって二ヶ月。

研修が終わって営業活動が始まって一ヶ月。

なかなか悪くないのである。

 

何度もお伝えするが、私はとても根暗な人間だ。

 

就活がうまくいかなかったのも働きたくないからで、

なぜ働きたくないかというと、生きる意味が分からないからで

生きがいや理想、人生設計というものは皆無

 

なんならお金とかも目先の自己満足を満たすために活用する以外には意味がなくて。

その結果、社会人が始まって早くも22万貯金をしてしまった。

それも、学生時代に馬鹿みたいに使ってたクレカの債務を回収した上である。

 

 

 

安定した、生活。

これに、とても満足している。

お金は必要ないと思っていただ、お金ほど心の余裕を満たしてくれるものはない。

 

なんなら今の会社は住宅保証が手厚い為、すぐに一人暮らしができる点が1番の魅力だったのだが、

田舎で暮らしてみて、本当にそれが私の理想だったと再確認した。

 

お金って、使うためだけじゃないんだなあと本当に思う。

 

 

 

証券会社の営業は、正直しんどい。

私はまだ一年目だから、お客さんがいない。

ひたすらセールス電話をかけまくり、証券を買ってくれる人を探す。

 

普通に考えて無理すぎる話だ、何もないところから「100万株を買ってください」

なんて馬鹿な話だ。

なんなら、大手の証券会社ではないからブランド力もない。

 

 

無理なこと、それができてしまったのだ、私にも。

営業を始めて一ヶ月、投信100万と株式100万の新規資金を集めてきた。

私にも、できてしまったのだ。

 

私は、自分に課す目標が高い人間だ、プライドがそれなりに高い。

しかし、自己肯定感が低い人間だ。私は私のことがあまり好きではない。

(好きになろうと頑張ってる。)

 

そもそも自分に対する評価が低い為、「できるはずない」事ができた瞬間、とても自分の気持ちが楽になった。

それがたとえ、「300万契約」という目標の達成でなくても、ある程度できるという自信になった。

 

驚きだった、自分の感情に対する、驚き。

 

 

それ以上に、仕事があまり辛いと思わない。

いや、辛いこともある。

電話ガチャ切りは普通だし、心ない言葉をかけられたりもする。

 

でもそれ以上に、周りからの手厚いサポートや期待が暖かすぎて、

「やらなきゃ」「やってやるぞ」という思いしかない。

 

そういう感情が強すぎて、やりがいとかそういうの以前にやるしかない、という思いしかない。

 

 

他の同期を見ているとそうでもないのだ。

辛いことが9割とか、自分は何もできていないとか、しんどいとか

 

そういうの聞いていると、私ってとてもポテンシャルが高い人間なのかもしれない。

部活とか習い事とかそういうのは長続きしたことはない。

辛いし。

 

唯一は八年間続いた書道と1日13時間の受験勉強。

割と自分との戦いだ。

うまくいかなかったら100パーセント自分のせい。

誰のせいでもなく、自分の努力不足。

 

証券営業も結構それに似ている。

自分にできないことはない、できない理由は大抵自分のせいだ。

そういう考えがあるうちはあまり辛くないのかもしれない。

 

意外と、わるくない。

これからどうなるか知らん

 

 

open.spotify.com

 

Over The Party

 

六本木ヒルズみたいなマンション

見たことないけど多分すごく

デカいエグいカンケーない

新しく通った高速道路

ウェディングロード 新車のローン

 

今日の話をします。

 

友達と原宿から青山まで歩いた。

私は実はこれまでシティガールとしていろいろ東京を探索してきたけど

実は青山にいったことはこれまでなかった。

 

というのも、シャツが4−5万するブティックなど用はないし、

ブルーノートのジャズなんか聞いたら多分死んでしまうし

冷静に考えて大学生は愚か、ほとんどの人が人生の中で経験しないようなものが詰まっている街なんだと思う。

 

歩いていてそう思う。

築年数がかなり経過していて、みためはボロいけど月2−30万するマンション

駐車場にはポルシェのカイエンが色違いで並んでる。

伊藤忠のビルはすごく胡散臭くて

コンクリートジャングルの中から青空がこちらをのぞいている。

 

私は正直分からなくなってしまった。

これまで手に入れてきた幸せと、手に入れる可能性がある幸せとの乖離、

 

どれも私にはなかったものだし、これからもないものだった。

おそらく、ないだろう。

 

見上げた空を侵食するようにビルが立ち並ぶ

三月まではすごく見慣れた景色だったのに、今は恐ろしく高くて怖い。

 

一部屋五億円のマンション。

五億円の価値が私には分からない。

五億円の価値そのものが、どれくらいなのか分からない。

 

お金で測る幸せがわからない。

 

金持ちはみんなおろしたてのような白Tシャツに、並ばなきゃ買えなさそうな高いスニーカー履く。

おそらく並ばずに手に入れて、履いている。

 

クソガキは、青山通りの真ん中に寝そべる、世界を、我が物のように。

 

金持ちの未来、クソガキの未来、

きっと未来の世界で未来の車を乗りこなし、摩天楼の灯りで世界を照らす。

 

私たちはそれを眺めながら、「きれいだね」と囁く、

それは恐ろしく、きれいなのだと思う。

未来の世界で誰かと涙を流す。

 

open.spotify.com

 

モダン ライフ イズ ラビッシュ

 

 

昔、高校生のときだったと思う、

「これからの人生計画」を授業で書かされたのを

 

思い出したのは生保一般課程の試験勉強をしていたからだ。

 

 

金融業界(しかも証券という)についている以上、お金の工面に関して、即ちお金を使うイベントについて色々勉強しなければいけないらしい。

 

生命保険っていうのは、それこそライブイベントに対する備えであり、抗いである。

 

残念ながら、私は人生に対する理想やお金に対する執着があまりない、今のことしか見えてないし将来のことが分からない。

だから、お客さんの気持ちを理解するのは結構大変だ、頭の片隅の知識で営業をしている。

 

 

 

そして、高校生の時を思い出す、

私は全く人生計画が描けなかった、1ミリも。

 

とりあえず「大学」生活に憧れていたので、書いてみた。

就職大学というのが当たり前の文系学部だから、「就職」と書いてみた。

 

でも、そこから先が全く見えなかったのだ、「就職」に関しても、そもそも働きたくなかったから「何」に「就職」するのかも全く。

 

 

周りの友達は、スラスラとかけていた。

 

広告代理店に就職して、バリキャリで結婚は30過ぎてからでいいとか、

CAになってパイロットと結婚して、毎年ハワイでバカンスをするだとか、

そもそも一般職でいいから結婚は20代のうちにしたいとか、

ネタでも「玉の輿」でずっと温室暮らしをしたいだとか、

 

私は全くそういうのがなかった。

ネタでもなかった。

 

生保の試験はこうだ、一般的なライフスタイルとして旦那は30、妻は28で結婚。

翌年には子供が生まれる。子供は2人で末子が大学を卒業する時、妻は56歳になる。

そこから旦那と2人で20年間、夫婦生活を営む。

 

 

私は全くそういう実感がわかなかった。

まるで霞のようだ、結婚をしたいだとか、子供が欲しいだとかそういうのがない。

 

「就職」もかなり大変だった、

存在しない理想や野心と言ったものを作り出して就活してたからだった。

 

人生計画がしっかりしている就活生はすごく魅力的に見えた、私もそういう人を採用したいと思う。

だから30〜40社落ちたんだと思う。

そうだと思う。

 

結局やりがいだとかステータスと言ったものは無視して、今の私が求めている孤独な暮らしを手に入れることが手っ取り早い職業に着いた。(それはそれでとても満足している)

 

でも次の段階は?

お先は真っ暗でもない、ただレールもけもの道も何も無い、ただの一直線。

 

 

ちなみに、今のところ高校生の時の理想を実現できている人はどれくらいいるのだろうか?

 

玉の輿はネタとして、私の周りの友達は大抵私よりもレベルが低い大学に進学したし、CAを目指してた彼女は残念ながらそういう状況には無い。

 

理想は理想として、それ通りに行く訳では無い。

理想なんだからいくらあっても構わないのだろうが、それすらもない虚無なのだ。

 

 

 

霞を喰っている、そういう執着がない

そういう執着を持ちたくもない。

でも、たまに自分がとても、何も無い人間のように思われる。

いつか霞になって、喰われてしまうのを待っているかのように。

 

 

 

私は面白い絶対面白いたぶん

 

 

人は出会ったら必ず別れるものだと思います。その別れが怖いから、姉ちゃんは無理をしていました。


でも出会うために別れるのだと今気づきました。
好きな人とお別れしたって、ちっとも泣くようなことじゃないって思いました。

 

 

 ひとしおに、枯れるぜ。

 

ずっとずっと誰かに執着するのは嫌な気持ちで

ずっとずっと他人に自分の感情に振り回されるのが嫌で

ずっとずっとそんな自分が嫌いになるのが怖くて

 

「こんなきもちはこれっきり」

と誓ってから2年はあっという間に過ぎ去り、

 

なんとか自分を好きになろうと試み

それこずっとずっと一人になりたい気持ちでたくさんで、半ば無理やりエスケープした。

 

「こんなに幸せだ」

「こんなにがんばっている」

そんなことも言わないようにした、そんなことを言うのは弱いものだと思ったから

 

私に他人は必要ない

圧倒的に、確立した、自分がいればそんな弱さは出てこない

そんな考えすら不要だ、だからこれは私の感情じゃない、

という、天邪鬼

 

 

本当は色々と怖い、田舎でひとしおに枯れていく自分が怖い

気がついたらこの誇大妄想と高すぎるプライドだけがぷかぷかと浮いている。

 

 

「人生で誰か一人でも愛することができれば、人生には意味がある」

 

そう思う、私の人生には意義があった。

しかし、これからまた同じように人を愛せるようになるのだろうか、

無性の愛で、誰かのことを、対価など考えず、

 

本当に私は弱虫である、今日も何もない顔をしている。

何もないのだが、何もないということが怖くてたまらない。

でも何かが変わるのは、とっても怖い。

 

 

そんな感じで五月病かもしれない。

という、所感。

あしたもなんとか

 

超楽しい地獄を作ろう

友達も彼氏もいらない

open.spotify.com

 

Where Is My Mind?

Where is my mind?
Where is my mind?
Where is my mind?

Way out in the water
See it swimming

 

なんて本?

落ち着いたら読んでみる

 

海辺のカフカ」を読んでいる、

少年が四国へと旅立つ話、自由を求めて飛び立つ話。

四国の穏やかな海を思い出した、秋、台風一過の晴天の海を、向こう側に見えたのは大分だった。

 

 

私はとにかく自由になりたかった。

理想的な街で育ち、理想的な環境で育ってきた、

何もかも自分で選び取ってきたという確固たる自信の中で。

 

理想的な環境、それは嘘だ。

少なくとも、自分にとっては最悪の環境だった。

 

何もかも自分で選び取ってきた、それも嘘だ。

いつもこれが世間の正解、というものを選びつづけていた。

本当に正しいことなんか、何もないのに。

世間の正しさを自分の正義感に照らし合わせていた。

 

 

とにかく「ここにいては自分が損なわれてしまう」。

15歳の田村カフカ少年が胸に抱いていた、空虚のようなものが私には22年間付き纏っていたのだ。

 

別の街にやってきた。

湖の香りは、なぜか潮の匂いがした。

生命の香りがした、私の住んでいた街と同じ香りがした。

東京湾に向かって大きな川が流れていく様子を眺めながら育ってきた。なんだか懐かしくなった。

 

 

4月が始まった初めての週末、私は深夜の4時に大声を上げて泣いた。

このままベルトで首を吊ってそのまま死んでしまおうと思った。絶望だった。

なんだか自分がこのままつまらないまま死んでいくのが、本当にどうしようもなくしょうもなく思われたからだった。

こう言った悩みが既にしょうもないのかもしれないが、その時は酔っ払っていたから、酔っ払い切っていたから。

 

 

本や映画に費やす時間が、大きく損なわれた。

サンクチュアリのようなものがなくなってしまった、そんな感じがした。

 

職場の人は私が今まで関わってきた文化とは無縁の人々、私が好きな物を何も知らない、私のことを誰も知らない街。

とても悲しくなってしまった。

 

 

そして何より、文化に触れないと、私が枯れていく。

そう、発作的に、本能的に感じた。

働いて、ご飯を食べて、寝ての繰り返し、

このままつまらない人と結婚して、つまらない人生を送るなんて嫌だ。

 

感情は、心はどこにあるのだ、いくのだ?

 

 

 

私はその時、ある人のことを思い出した。

大学四年生の時に私にプロポーズをしてきた人だった。

 

その人には、地方転勤の際にできた地元の一般職の奥さんがいて、つまらない結婚だったと言っていた。

だから、離婚するから私と結婚したいと言ってきた。

 

私は何もなかった。彼は確かに面白い人だったけれど、好きではなかった。所詮営業職にありがちな、お金と偏見にまみれた「つまらない大人」の象徴だった。

 

私はその時完全に理解した。

会社の、社会に対する嫌悪は「つまらない大人」で溢れていたからだった。

 

そしてまた思った。彼は私のことではない、私が秘める少女性を愛していたということを。

何か文化に触れて、忙しく好きなものを求めて、「決まり事」に縛られない自由奔放な少女性、そう言ったものに憧れていたのだと。

 

その人との関係は私が一方的に断ち切る形で終わった。彼はもう失われてしまった。失われるべきだったと思う。人生の通過点。

 

 

死にたい夜を乗り越えて私はまた、案外絶望でもないなと思った。

つまらない大人にならなければいい。

どれだけ身を削っても、好きなものを好きなままでいればいい。わがままでいればいい、自分を失わなければいい、永遠に17歳でいればいい。

 

だから本を読む、毎日掃除機をかけるし、自分が好きなもので世界を溢れさせる。全ては彼が言っていた通りだった。

 

大切なことは全てユズヒコが教えてくれた。

都市の空気が彼を壊してしまっただけだった、そう思う。

 

彼も既に失われてしまったが、ただの通過点ではなかった。

電車のポイントを切り替えるように、一直線に私の人生は別の方向に落下していった。

これからは再生の物語である。

 

 

大丈夫、私はちゃんと生きていける。

この街はちゃんと、生き物の死骸の香りがするから。

 

open.spotify.com